日本の教育・労働・精神医療は最低である ギフテッド問題から見えてくる日本の学校制度の重大な欠点

主に日本の教育(学校制度、ギフテッド等)・労働・精神医療の問題について考えていきたいと思います。

渡米してアメリカでギフテッド教育を受けるための支援団体

マジでギフテッドの子供はマシ・オカみたいにアメリカに行ったほうがいいのかもしれない。日本でこれから先もギフテッド児の支援なんて出来そうにないし、「頭脳流出」すれば政府や文科省も危機感を持ち考えを改めるかもしれない。

アメリカでギフテッド教育を受けるためにギフテッド児及びその家族が渡米するのを支援する団体みたいのがあってもいいかもしれない。支援内容としては英語教育、アメリカのギフテッド教育の学校に通えるように手配、住居の確保、親の職業の確保、渡米後の継続したサポート等。12歳ぐらいだったら親がついて行かないで一人で渡米もアリなのかな。