日本の教育・労働・精神医療は最低である ギフテッド問題から見えてくる日本の学校制度の重大な欠点

主に日本の教育(学校制度、ギフテッド等)・労働・精神医療の問題について考えていきたいと思います。

憲法9条について私的な考え

私は、結論から言うと中国や北朝鮮等のアジア危機に備えいずれ憲法9条を改正し正式に軍隊を保有する必要があると思っている。ただし、今の政権の価値観や教育や日本社会の現状では変えるべきではない。右翼が有力な政治勢力としては現在のドイツ並に弱体化し、先の戦争についてきちんとした総括をし、戦前から続いている全体主義愚民洗脳教育を改めなければならない。東アジアにおいて1つの大きなコンセンサスを形成する必要がある。同じ敗戦国でも戦後ドイツのほうが日本より賢かった。ファシズムナチスヒトラー、独裁政治のせいであるとしそれらを反省しこれからは二度と繰り返しませんそれらから変わりましたということを諸外国にアピールすることが上手くできた。

対して日本はどうだろう。表向きは反省し謝罪をし賠償金を払っているが上手くいっているとは言いがたい。上記のことをやってもそれでも謝罪要求や賠償要求がゼロになるわけではないが、今よりはマシになるのではないか。きちんと反省し賠償したあとはギリシャのような要求はまともに取り合う必要はない。日本がドイツのように戦う民主主義を掲げ、極東における民主主義と人権の国として再スタートを切ることを望む。