日本の教育・労働・精神医療は最低である ギフテッド問題から見えてくる日本の学校制度の重大な欠点

主に日本の教育(学校制度、ギフテッド等)・労働・精神医療の問題について考えていきたいと思います。

キリスト教の教え

ギフテッドもそうでない人も、神の前に皆平等である。すべての人間が神に愛されている。人は皆存在価値がある。

こういう自己肯定手段は欧米においてはおそらく普通である。日本では人権という考え方が実はあまり普及しておらず社会不適合者、いじめ被害者、障がい者、マイノリティ、弱者達は辛い思いをしている。

日本で「ギフテッド」ときくと「自分は神に選ばれている」や選民思想と受け取られるのだろう。だがしかし、キリスト教の教えではある意味全ての人が神に選ばれているのである。

才能がない、能力が低い=その人の全否定と受け取る日本人は多いのではないか?